その他

事故の対応

     

昨日、街宣車に乗っている際に対向車線で交通事故が発生したようで、(目撃はしおらず
選挙よりも大切なことであると、急いで駆けつけ、
警察と救急が来るまで応急救護と交通誘導を実施しました。

特段書くべきことではないとは思いますが、目撃された方には私が事故したと誤解をされていそうなので、報告させて頂きます。

出血・骨折はされて居る可能性はありそうでしたが、意識はハッキリお有りでしたので、CPRの必要なく、命には関わる恐れが少ないのは幸いでした。

同乗していた、救命に関わる仕事をしている同僚と2名で急行、
同行者の方が経験値が上であると判断し、救護は任せ、私は交通誘導に当たらせていただきました。
キャスト・消防・自衛隊のでの経験が総合的に役に立った瞬間でした。

ジャンパーを脱いで目隠しの配慮をする同行者の姿に、さすがだと思いました。

交通誘導に当たっているところ、交通誘導に定評のある水野みのる候補も到着し、応援に入って頂き、共同して事態にあたらせていただきました。

市内の道路の歩車分離が徐々に進んでおりますが、ここも歩車分離でないと危険であると感じます。

おおひら一博はソフト面ハード面の両面から市民の皆様の安全を守れるようにがんばります。